☆登山、トレッキング、沼めぐりの送迎について。

従来まで無料にて送迎を行っていましたが、燃料費高騰のためガソリン代としてカンパお願いします。
(車は往復走るので、これでも拘束時間と車両経費的には厳しいのです)
尚、自家用車の範疇の送迎になりますので、ご希望の時間送迎はお受けできません。
朝出発で夕方お迎えになります、(羊蹄山の山小屋利用のみ朝でもお迎えに行きます)
宿泊初日の到着後の山送迎はできません、チェックインは15:30以降です。

片道 往復
羊蹄山16km 480円 960円
湯元温泉9km 300円 600円
五色温泉15Km 450円 900円
鏡沼19Km 570円 1140円
神仙沼19km 570円 1140円
新見峠26km
*新見峠のみ3名様以上
780円 1560円

羊蹄山(真狩.ひらふ)登山口は朝食前の6:00-7:00頃に出発します
神仙沼、五色温泉、新見峠、湯元温泉は宿泊された方のJRニセコ駅等送り後になります
出発は9:00過ぎ頃です
昼間はバイクのツアーなどがありますので送迎できません。
迎えは15:30頃以降になりますので、温泉で時間調整や
路線バスにての帰りをご計画ください。


尚、ご自分のご予定で動きたい方はタクシー等公共交通機関をご利用ください。
タクシー料金(めやす):羊蹄山5000円、神仙沼5000円、五色温泉4000円、新見峠7000円
ニセコハイヤー:0136-44-2635
ニセコバス:http://www.niseko-bus.cbbs.co.jp/jikoku/jikoku_nisekosen.html


 
  羊蹄山登山 当宿1泊につき片道送迎(上記ガス代必要)
6月中旬-9月末
 
(朝食,昼食等はコンビニで!)
日帰り組出発は7:00です。
山小屋組は昼過ぎの暇な時間に送ります。
北海道1の単独峰をいつかは登りませんか?但し行きは登りが連続ですから日頃から運動不足の方はちょっと他の山で慣れてから挑戦しましょう。高山植物ファン?も楽しむことが出来ます(6月下旬から8月上旬)。
スニーカーやサンダルで山登り始めての方が気楽に登れる山ではありません(登っちゃう人が居るのは事実ですが、お勧めしません)。トレッキングシューズや雨具、行動食の装備はもちろん、収縮ストックなどがあれば便利です。天候急変の可能性があるときは無理せず止める事をお勧めします。
悪天候で遭難死亡事故も発生しています。怖がる事は無いですが、ナメて登ると大変です。

旅物語では山小屋(避難小屋)で1泊される事を(絶対)お勧めいたします!羊蹄山はけっこう霧に包まれている事が多いと思われている方が多いですが ・・・朝夕の時間は霧が下がって雲海になり頂上付近は満天の星だったりします。昼頃からのんび〜り登って夕日や星空を見て、3時頃に頂上で朝日を見てから涼しい時間に下山すれば楽々です。
 日帰り
 宿-(送り)-登山口-登山-登山口-(迎)-旅物語
 朝は7時頃に送ります。(8月中は暑いので6時頃に送ります。暑くなる前に 登っちゃうととても楽チンです) 
 帰りはお好きな時間にお帰り 下さい(夕方5時頃まで) TELにて迎えに行きます。(送迎は1泊に付片道のみいたします)。
 登り4-5時間
 下り3-4時間
 個人差が激しいです
 短い人で往復5時間
 長い人で往復10時間
 山泊り
 宿-(送り)-登山口-登山-非難小屋泊まり(800円) -下山-登山口-(迎)-旅物語
 行きは昼頃に送ります、登山は無理せずに6時間くらい かけて登ると楽です(夏は暑いし)。
 朝は8時以降に迎えに行きます(tel連絡) (送迎は1泊に付片道のみいたします)。
 
 登りの時間や下山時間は上 記と同じですが、時間的余 裕や疲労は少ないです。 土日は小屋が混雑しますの であんまり薦めません。
 
▲ TOP
 
 
 
  トレッキング&サイクリング
(送り+ご自分の自転車が必要です)
6/中旬-10/10まで
出発は9時頃です
山へ送る場合はガソリン代が必要です
自転車は持ち込んでください。宿の車で人と自転車をスタート地点まで上げてあげます。
ロック等は必ず持ってきてください。

  

晴れたらやっぱりハイキングですね!おいしい空気と森林浴、ストレス解消。
旅物語のおすすめトレッキングは基本的に帰りは自転車でパノラマラインを帰ってきてもらいます、
だって下りonlyだから車なんてもったいない!(ダウンヒルツアーをやっている所もあるくらい)
(自転車ダウンヒルだけで3000円くらいするらしい....なんて旅物語は安いんだ.....そうだ!泊まろう)
途中の温泉でのんびりできる時間は十分あります。個人のペースで山歩き、写真だってのんびり
撮り放題、気に入った場所でお昼寝だって....夕食に間に合うようにネ。
*お花の綺麗な時期は6月中旬から7月中旬です。
*紅葉は10月上旬から中旬(年により変動します)
☆自転車にてパノラマラインを下りますので、転倒事故や自動車との事故に十分ご注意ください。
いかなる理由があろうと、当方では一切責任は負いません!
出発は朝食の片付けが終わってから(9:00頃)になります。
Aコース 神仙沼-大沼-イワオヌプリ(登山)-五色温泉-(自転車)-旅物語

メインの神仙沼から大沼を抜けて、五色温泉に入浴するコース。
イワオヌプリ以外はたいした登りは無い、お気楽&五色温泉ファン向け

歩き時間220分
イワオ無しだと160分
Bコース 新見峠-白樺山-長沼-神仙沼-(自転車)-湯元温泉-旅物語

とっても景色が良いコースです。エッ!日本海ってこんなに近いの?
お花の季節もgoodで、長沼までは観光客も居ないのでオススメです。
最初の20分位が登りで、あとはお気楽です。

歩き時間200分
Cコース 神仙沼-長沼-チセヌプリ(登山)-湯元温泉-(自転車)-旅物語

神仙沼とチセヌプリのためにあるコースです。自然に沸いている温泉の
小湯沼に行くのも良いですが、帰りに温泉に行かないと辛いです。
歩き時間190分
チセ無しだと130分
小湯沼追加+40分
アンヌプリ
鏡沼コース
鏡沼-アンヌプリ-五色温泉-(自転車)-旅物語

僕の好きな鏡沼とアンヌプリの両方を楽しめるコースです。
ワタスゲやエゾカンゾウの季節にはオススメです、山登りがあるので
ちょっと辛いかも、でもアンヌプリ山頂からは羊蹄山の姿が最高です。

歩き250分
個人差は大きいです
▲ TOP
 
 
   
  アンププリ朝日ツアー
(標高1308m)
 無料不定期開催
  
お気楽で登れて(五色温泉から60-90分)、さらに眺望もgood!羊蹄山もすご〜く綺麗に見えます。
日本海や積丹半島、視界がよければ太平洋だって見えますからこれは良い!小学生の遠足にも使われていますから、たぶん誰でも行けるでしょう。
☆不定期でアンヌプリ朝日ツアーをやっています。登山開始は3時頃です。
宿で寝なくても宿泊代はもらいます(笑)
【過去の登山時間例】
9/20登頂開始3:20頃で頂上には90分で到着!
▲ TOP
 
 
   
  ニセコ駅前  
ニセコ駅前の斜面 カタクリの花
ニセコ駅前の土手でGWあたりには満開のカタクリが見られますよぉ〜。お花の中をのぞくとサクラのマークがあるのをご存知ですか?
左の写真は見ずらいですが・・ピンク色のカタクリとブルーのエゾエンゴサクがいっぱ〜いです!
   
▲ TOP
 
 
   
  神仙沼散策  
いつのまにか木道が整備され、駐車場からお手軽に行けます。お手軽過ぎて観光客がわんさか!貴重な高層湿地とは知らずに入る観光客さん ・・・お願いだからお花を大切に!高層湿地の花を楽しむならココです。
路線バスのダイヤにご注意ください。
http://www.niseko-bus.cbbs.co.jp/jikoku/jikoku_nisekosen.html
   
▲ TOP
 
 
    
  鏡沼散策
   ある7月のお天気がよく風がない日には湖面に雲がくっきり映ります♪ 10月あたりはこんな感じコケモモの実で真っ赤になりますよん♪
僕が好きところです。ひっそりと風を感じましょう。ツルコケモモで真っ赤な湖面...一面ワタスゲの鏡沼・・・良いです よぉ〜。でもあんまり人が入ると雰囲気が無いので土日は行きません・・・。水中生物もかわいい。
ホロムイチゴ キソチドリ コケモモモ コケモモの実 タチキボウシ
▲ TOP
 
 
 
   
  コックリ湖散策
  
結構・・こんな感じで湖までずっと登りです・・(左の写真は'01/7)。
お天気がよいとこんな感じ・・(右の写真はかなり前の5月中旬・・)
下の写真は'01/7中旬の登山最中に見かけた花達!ちょっと地味目ですが・・(笑)
クルマバソウ イチヤクソウ ウバユリ 何の実? ウツボグサ
▲ TOP
 
    
◆ニセコ周辺散策ガイド<<ニセコインフォ・旅物語のHP>>